東日本大震災

「放射線・放射性物質Q&A」アーカイブ

  • Check

放射線 放射性物質 Q&A 外国でヨウ素は足りているか

 東京電力福島第一原発事故で飛散した放射性ヨウ素を大量に甲状腺に取り込むと、がんになる可能性がありますが、日本人は普段からヨウ素を摂取しているので、取り込みにくいと聞きました。外国ではどうでしょうか。

【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー長崎大教授 高村昇さん

■食べ物で摂取機会少なく甲状腺機能低下の恐れも

 日本は世界でもまれな「ヨウ素過剰摂取地域」です。これは日本人の食生活に関係があります。
 日本人は好んで昆布やワカメなどの海藻類を摂取しています。海藻類、特に昆布に大量のヨウ素が入っているため、日本人はヨウ素をやや過剰に摂取しているのです。昆布を普段食べないという人でも、昆布を使っただしを使った料理を取ることが多く、これによって十分な量のヨウ素を摂取しています。
 一方、このように海藻類を日常的に摂取する習慣がある地域は世界では極めて限られており、日本のほかには朝鮮半島や中国沿岸部など、ごく一部の地域だけです。
 その他の地域、特に内陸の地域ではヨウ素を含む食物を摂取する機会が限られているため、「ヨウ素欠乏」という状態に陥りやすいことが知られています。ヨウ素が欠乏すると、ヨウ素から作られる甲状腺ホルモンが十分にできないため、種々の症状が出ることがあります。具体的には甲状腺が腫れ上がって大きくなったり、甲状腺機能が低下したりするのに加え、生まれつき甲状腺機能が低下することによる「先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)」によって、発育障害や知能障害などが起こることもあります。
 このため、ヨウ素が不足している地域では、ヨウ素を食塩などに添加することによってヨウ素が欠乏しないようにするプログラムが普及しています。これによって現在、世界の多くの地域においてヨウ素欠乏状態が改善してきています。

カテゴリー:放射線・放射性物質Q&A

「放射線・放射性物質Q&A」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧