東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

除染会社2社長再逮捕 棚倉の労基法違反事件 有印私文書偽造容疑など

 田村市都路町や川内村の除染現場で18歳未満の少年を除染作業に従事させ、労働基準法違反の疑いで除染会社社長2人が逮捕された事件で、棚倉署は県警本部少年課の応援を受け20日、有印私文書偽造・同行使の疑いで郡山市大槻町字熊野木四五、除染会社社長富岡美起夫容疑者(34)を再逮捕した。同署は県警本部組織犯罪対策課の応援を受け同日、覚せい剤取締法違反の疑いで棚倉町関口字愛宕平五六ノ一、除染会社社長加藤正勝容疑者(53)を再逮捕した。
 同署の調べでは、富岡容疑者は平成24年11月上旬ごろ、棚倉町内の当時の自宅で除染業務の講習や従事に必要な電離放射線健康診断個人票を偽造し、元請け業者に提示した疑い。
 偽造した個人票は同容疑者を含め9人分で、除染作業に従事した少年4人のものも含まれるという。
 加藤容疑者は7月上旬ごろ、県南地区で覚せい剤を使用した疑い。同署は入手先などを調べている。
   ◇  ◇
 地検郡山支部は20日、加藤容疑者を労働基準法違反の罪で起訴し、富岡容疑者は不起訴処分とした。同支部は不起訴の理由として「事件への関与の度合いなどを考慮して判断した」としている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧