東日本大震災

  • Check

双葉、広野町長と意見交換 根本復興相「復興加速」

根本氏に要望書を手渡す伊沢町長(左)

 根本匠復興相(衆院本県2区)は25日、双葉町の伊沢史朗町長、広野町の山田基星町長とそれぞれ意見交換した。
 ともに冒頭以外は非公開で行われ、根本復興相は終了後、長期避難を余儀なくされている双葉町と帰還促進を図る広野町を訪問したことについて「(同じ双葉郡の中で)実情がまったく異なりそれぞれの課題に則した議論ができた。全省庁一丸で、国と県と市町村がスクラムを組み復興の加速化を図りたい」と語った。

■双葉町長、帰還見通しの明示求める

 いわき市の双葉町いわき事務所では、伊沢町長が根本復興相に、町への帰還見通しの明示や町外コミュニティーの早期整備などを求める21項目の要望書を手渡した。
 伊沢町長は東京電力福島第一原発の汚染水問題への対応などを訴えたという。町外コミュニティーについては「国の帰還目標に町の帰還計画は左右される。対応を早くするよう強く求めた」と話した。

■広野町長、賠償継続と復興支援要望

 広野町役場では山田町長が、旧緊急時避難準備区域での賠償継続と復興に向けた実効性のある支援などを求める要望書を根本復興相に手渡した。
 山田町長は広野駅東側開発整備事業の一部を国が予算化したことに触れ、「町民との用地交渉に着手できる。今後も財政支援を継続してもらいたい」などと求めた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧