東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

15のチームで構成 汚染水対策本部

 東京電力が福島第一原発の汚染水対策に向け26日に設置した対策本部は「機動力強化」など15のチームで構成する。
 福島第一原発内に置く「機動力強化チーム」は汚染水・タンク漏えいを含むあらゆるトラブルに対応する。「タンク運用強化」など4チームは、パトロールや水位計の設置のほか、高濃度汚染水処理の加速に取り組む。
 東京の本店内には「地下水調査分析」「各種汚染水対策検討」など8チームを置く。「連絡調整」「広報」の2チームは官庁や行政との連絡や海外への情報発信を担当する。
 チームを統括する「プロジェクト管理リーダー」にはプラントメーカーなどの社外の人材を登用する。国外の廃炉技術者や国内のゼネコンら社外の専門家からの指導や助言を受ける。
 26日にJヴィレッジ(楢葉・広野町)で会見した東電の広瀬直己社長は「帰還を考えている地域のみなさんの不安を解消するため、必要な支援やアドバイスは積極的に受けていきたい」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧