東日本大震災

  • Check

名誉賞を報告 全国農業コンクールでで稲田アグリサービス、ジェイラップ

受賞を祝い、鏡開きする伊藤社長(左から6人目)ら

 7月に郡山市で開かれた「第62回全国農業コンクール全国大会」で名誉賞(農林水産大臣賞・毎日新聞社賞)と福島民報社賞に輝いた須賀川市の農業生産法人「稲田アグリサービス」と食品加工・流通会社「ジェイラップ」の受賞報告会は30日、同市のグランシア須賀川で開かれ、伊藤俊彦社長が喜びと今後の展望を語った。
 関係者約140人が出席した。伊藤社長は「賞に恥じないよう、着実に進化していきたい」と述べ、「(農業に)生きのいい風を吹き込む」をテーマとして後継者育成に努めることを誓った。橋本克也市長、谷井彰県県中農林事務所長、関野正毎日新聞社福島支局長、橋本正和JAすかがわ岩瀬代表理事組合長が祝辞を贈った。矢内節男福島民報社事業局長の発声で乾杯し、出席者が栄えある受賞を祝った。
 報告会の冒頭、ノンフィクション作家奥野修司氏が「中国の食糧事情と日本」と題し、記念講演した。
 コンクールは毎日新聞社と県の主催、郡山市、福島民報社の共催、農林水産省などの後援。同社は長年の地域農業振興や集団的営農などに、先進的に取り組み、東京電力福島第一原発事故を乗り越えて、農業再生に努めた実績が評価された。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧