東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

第一原発 排気筒8カ所損傷

 東京電力は18日、福島第一原発の1・2号機排気筒の鋼材接合部440カ所のうち8カ所で損傷が確認されたと発表した。東電は排気筒本体や主柱は健全であるため、直ちに倒壊することはないとしている。
 東電によると、接合部のうち8カ所で、腐食やさびなどの損傷を確認した。
 排気筒は高さ約120メートルで、建屋内の空気などを排出する。現在は使用していないが、今回初めて耐震安全性評価のため本格的に現場調査した。
 現場は高線量エリアであるため、調査方法を検討した上で、原因などを詳細に調べる。
 5・6号機排気筒は2月に調査し、異常はなかった。3・4号機排気筒は今後調査する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧