東日本大震災

  • Check

OBの渡辺俊美さん出演 双葉高90周年記念しコンサート

双葉高の生徒と一緒に記念撮影する渡辺さん(中央)

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故のため、いわき市のいわき明星大にサテライト校を置く双葉高の創立90周年記念コンサートは19日、同市のアリオスで行われ、猪苗代湖ズのメンバーで同校OBのミュージシャン渡辺俊美さん(川内村生まれ、富岡町育ち)が駆け付けた。
 生徒と保護者、同窓生ら約100人が出席した。渡辺さんは創立90周年を記念して同校が作ったオリジナルのTシャツを着て登場した。富岡町への思いを込めて書き上げた「夜の森」など約10曲を弾き語りで披露した。本県出身のミュージシャンが古里への思いを歌った楽曲「予定 福島に帰ったら」では、生徒と同窓生にマイクを渡し「浪江町に帰ったら お世話になった先生に会いたい」などと歌詞を替えて一緒に歌った。
 猪苗代湖ズの「I love you&I need you ふくしま」が流れると自然に大きな手拍子が起こり、一緒に口ずさむ生徒や同窓生も見られた。渡辺さんは「想像しなくなったら何もなくなってしまう。生まれ育った町を思い、行動してほしい。また一緒に歌おう」と後輩にエールを送った。
 山本未来生徒会長(3年)が「震災後にギターを始めたのでいつか『予定 福島に帰ったら』を弾けるようになりたい」と話し、渡辺さんに花束を渡して感謝の気持ちを伝えた。
 同校の創立90周年記念式典は10月12日に同市のいわき明星大児玉記念講堂で行われる。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧