東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

「整備目指している」楢葉の中間貯蔵施設 環境省審議官 保管庫に理解も

ボーリング調査の中間報告が示された楢葉町議会の全員協議会

 除染で出た汚染土壌などを搬入する中間貯蔵施設建設で、環境省の三好信俊審議官(放射性物質汚染対策担当)は25日、楢葉町が代替施設として提案する保管庫(仮称)について「現地調査を通して安全や環境対策がどうなるのか(町に)あらためて説明をさせていただきたい。その上で(国としては)中間貯蔵施設の整備を目指している」などと語った。一方で、「町の方針は十分に承知している」と一定の理解も示した。
 三好審議官は同日、いわき市の楢葉町いわき出張所谷川瀬分室で開かれた同議会全員協議会に出席後、報道陣に語った。
 松本幸英町長は「町は保管庫を提案し中間貯蔵施設には一貫して反対している」との立場を強調した。
 全員協議会で同省は、町内で7月に始まったボーリング調査が今月14日に全14カ所で終わり、いずれも地盤が固く「設置可能」とする速報結果を報告。ボーリングで採取した試料の分析や地下水観測と現地踏査などを継続する方針を示した。町への報告書提出は10月以降にずれ込む見通し。
 27日の第4回中間貯蔵施設安全対策検討会に調査結果を報告し議論を取りまとめる予定。今月6日に開いた前回の同検討会では10カ所の調査を終えた段階で「設置可能」としていた。
   ◇  ◇
 環境省の吉崎収放射性物質汚染対処技術統括官らは25日、会津若松市の大熊町役場出張所を訪れ、27日に開かれる安全対策検討会について、渡辺利綱町長に説明した。


カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧