東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

タンク底板に隙間 第一原発汚染水漏れ 2本の接ぎ目ボルト付近

泡が吸い込まれ隙間が見つかった地上タンク底板接ぎ目のボルト2本(東京電力提供)

 東京電力は25日、福島第一原発で高濃度汚染水約300トンが漏えいした地上タンクの解体調査の結果、底板の接ぎ目のボルト2本の周辺で小さな隙間が見つかったと発表した。底板では既にボルト5本の緩みが見つかっているが、それとは別の場所だった。漏えい原因となった可能性が高いとみて調査を続けている。
 解体したタンクの底部に泡を塗り、タンク外側から空気を吸引する「底板バキューム試験」を実施したところ、2本のボルトの周辺から泡が吸い込まれ、隙間が見つかったという。
 東電は緩みが見つかったボルト5本の箇所でも漏えいが起きていた可能性は否定できないとして、底板を分解するなど詳しい調査を続ける方針。
 楢葉町の東電福島復興本社で記者会見した相沢善吾副社長は「原因究明に向け一つ進んだ。隙間が漏えいに直結したのかは、さらに追加のチェックやタンクの分解による分析を進める」と述べた。


カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧