東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

県産米の安全対策理解 全農県本部産地説明会

コメの全袋検査を視察する参加者(奥)

 全農県本部主催の「『極上のふくしまの米』産地視察説明会」は26日、郡山市で開かれた。首都圏、県内などの米卸業者や量販店のバイヤーら約60人が参加し、県産米の放射性物質の検査体制など安全確保対策に理解を深めた。
 県、ふくしま米需要拡大推進協議会の共催。一行は初めに市内の県農業総合センターで、県の担当者からコメへの放射性物質の吸収を抑制する生産方法や出荷前の全袋検査などの取り組みを聞いた。
 JA郡山市片平倉庫では、実際にベルトコンベヤー式の放射性物質検査器で全袋検査する様子を視察した。放射性物質が食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を下回ったコメだけが出荷されるシステムを確認した。参加した東京の卸業者の担当者は「しっかりと検査していることが分かった。風評はまだ残っているので、取引先に正しい情報を伝えたい」と話した。
 視察説明会は27日も開く。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧