東日本大震災

  • Check

会津を観光、風評払拭に

あわまんじゅうを振る舞い旅行参加者をもてなす観光関係者

 あぶくま信用金庫(本店・南相馬市)の年金友の会は25日、旅行で会津地方の観光を楽しんだ。東京電力福島第一原発事故の風評被害に苦しむ会津地方の観光を支援している会津信用金庫(本店・会津若松市)の呼び掛けに応じた。
 旅行には、原発事故で相双地方以外に避難している住民を含む約400人が参加した。会津若松市の観光を楽しんだ後、柳津町の福満虚空蔵尊円蔵寺に足を運んだ。
 柳津町の井関庄一町長や柳津観光協会、町商工会の関係者、町のマスコットうとちゃん、うと子ちゃんと、会津信金の星幹夫理事長と職員が出迎えた。信金仲間がつないだ絆に感謝し、参加者全員に同町名物のあわまんじゅうが振る舞われた。あぶくま信金の半沢恒夫理事長と会津信金の星理事長が、記念品を交換した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧