東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

港湾内フェンス破損 第一原発 規制庁、海水汚染監視指示

 東京電力は26日、福島第一原発港湾内の5、6号機取水口近くで、放射性物質の拡散などを防ぐため設置した「シルトフェンス」と呼ばれる水中カーテンが破損したと発表した。5、6号機取水口近くのシルトフェンスは今年4月にも破損しており、東電が原因を調べている。台風20号の影響で波が高いため、天候の回復を待って予備品と交換する予定。
 原子力規制庁は同日、港湾内外の海水に含まれる放射性物質の濃度を測定し、汚染が広がっていないか調べるよう東電に指示した。
 東電は緊急に海水を測定。1リットル当たりの放射性セシウム(法定放出基準・セシウム134が60ベクレル、137が90ベクレル)は5、6号機放水口北側でセシウム134が1・7ベクレル、セシウム137が4・7ベクレル、6号機取水口前でセシウム134が検出限界値未満、セシウム137が3・0ベクレルだった。5、6号機放水口北側が6号機取水口前より若干高い値を示したが、過去6カ月間の変動範囲内だった。
 東電は「今のところ影響はないと考えている」と説明した。測定を継続し、変化がないか調べる。
 東電によると、破損したシルトフェンスは全長約100メートル、深さ約8メートル。同日午前10時40分ごろ、協力企業の作業員が沖合側から約10メートル付近が破損しているのを発見した。当時、現場付近は波が高く、東電は「波の影響で破損した可能性が高い」としている。
 破損したシルトフェンスは主に5、6号機の取水口内に海底土砂が入らないようにするため平成24年5月に設置した。
 第一原発の汚染水については、安倍晋三首相が国際オリンピック委員会(IOC)総会で「状況はコントロールされている」「影響は港湾内0・3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」などと発言した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧