東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

3年ぶり稲刈り喜ぶ 全量廃棄、でも再生へ前進 富岡の「ふるさと生産組合」 避難指示解除準備区域30アール作付け

3年ぶりに稲刈りが行われた富岡町の水田

 富岡町の農家でつくる「ふるさと生産組合」(渡辺康男組合長)は9日、町内の避難指示解除準備区域の水田30アールで稲刈りを行った。放射性物質に関するデータ収集や農地保全などが目的のため全量廃棄処分になる。渡辺組合長は「食べられないまま全て捨てるのはつらいが、仲間と3年ぶりに稲刈りができる喜びは大きい」と古里復興と農地再生に向けて前を向く。
 稲刈りは町南部の六号国道沿いの下郡山地区の水田で行った。ゼオライトなどを散布した後の5月、渡辺組合長ら会員、県、町の関係者が20アールに「ひとめぼれ」、10アールに飼料用米の「ふくひびき」「べこあおば」「北陸193号」をそれぞれ作付けした。台風の影響で一部の稲が倒れ、イノシシや害虫の被害は出たが、夏場は好天に恵まれ比較的順調に育ったという。
 大型コンバイン1台を使い2時間ほどで収穫を終えた。今後、土壌から稲にどれだけの放射性物質が取り込まれたかなどを調査しデータ化する。また一部はバイオ燃料化に向けた実証実験に当てる計画がある。
 水田から福島第一原発までは約10キロ、第二原発までは約1キロだという。渡辺組合長ら会員はコメに含まれる放射性セシウムは1キロ当たり100ベクレル以下と想定するが町民の帰還の見通しがつかない現状から「しばらくは食用のコメ作りは厳しい」と話す。渡辺組合長は「農家の営農意欲を維持するためにも当面の間バイオ燃料として活用する可能性も一つの選択肢として提案したい」と期待している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧