東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

放射性物質の濃度上昇 第一原発の排水溝 台風で汚染土壌流入か

 東京電力は17日、福島第一原発の港湾外の外洋につながる排水溝の水から、ベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり最大2300ベクレル検出されたと発表した。8月の測定開始から最高値となる。東電は原発事故や汚染水漏えいで放射性物質が付着した土壌が台風26号の大雨で排水溝に流入したとみている。排水溝の測定は8月からで、それ以前も同様に流出した可能性があるという。東電は汚染水の外洋流出を防ぐため、排水溝にふたをする工事を進めている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧