東日本大震災

  • Check

五輪代表らに技学ぶ いわきでふくしま大運動会

レシーブなど基本技術を指導した柳本さん(中央)=いわき

 トップアスリートらとスポーツを楽しむ「ふくしま大運動会inいわき」は20日、いわき市の市立総合体育館といわき陸上競技場で開かれた。
 東京都、日本アスリート会議、市、市教委の主催。被災地支援事業の一環で、市内では3回目の開催。元サッカー日本代表の藤田俊哉さん、北京五輪400メートルリレー銅メダリストの朝原宣治さん、アテネ・北京五輪バレーボール全日本女子チーム監督の柳本晶一さん、卓球男子で五輪に4大会連続出場した松下浩二さんらが講師を務めた。
 バレーボール指導には市内の小中学生ら約200人が参加した。柳本さんはレシーブやトスなど基礎練習の方法を指導した。参加者は目を輝かせながら技術を磨いていた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧