東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

サンマ贈り「元気に」 県秋刀魚対策協が大熊町民に

新鮮なサンマに大喜びの大熊町民

 東京電力福島第一原発事故のため会津若松市で避難生活を送っている大熊町民に27日、いわき市の小名浜港に水揚げされた新鮮なサンマ4000匹が届けられ、無料提供された。
 県秋刀魚(さんま)対策協議会の消費拡大事業の一環。サンマはいわき市の中之作漁協所属の漁船が三陸沖で取り、25日に水揚げされたばかり。同協議会の加沢喜一郎会長(53)ら5人が会津若松市の松長近隣公園仮設住宅に届けた。
 サンマは発泡スチロールの箱に10匹ずつ入れ、集まった住民に1箱ずつプレゼントした。住民は大ぶりで銀色に輝くサンマに大喜びしていた。
 町民の佐々木あや子さん(61)は「こんなに新鮮なサンマを見るのは、大熊に住んでいた時以来。刺し身やおすし、甘露煮にして食べたい」と笑顔を見せていた。
 加沢会長は「皆さんに少しでも元気になってもらいたいと思って届けた。本県の港で揚がった魚が安全でおいしいことをアピールし、風評を吹き飛ばしたい。漁業者が元気になることで港も活気づく」と話していた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧