東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

将来的確保は不透明 第一原発廃炉の人員

記者会見する相沢副社長(右)、小野所長

東京電力の相沢善吾副社長は28日、東電福島第一原発の廃炉作業に向けた人員確保について、「2年、3年先など現在の仕事の延長線上では見通しがついているが、中長期的には非常に心配」とし、将来的な作業員の確保が不透明であるという認識を示した。同日、楢葉町の東電福島復興本社で開かれた定例記者会見で述べた。
 相沢副社長は、東京五輪関連や景気回復などで、今後、国内で作業員の需要が高まる可能性について触れ、「きつい現場で働く人材をいかに確保するかを考えなければならない」などと述べた。
 作業員確保のための手当の割り増しについては「現時点では考えていないが、今後検討するべき課題の一つ」とした。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧