東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

JAEA建設の廃炉研究施設 研究者ら100人規模 楢葉町長示す

モックアップ施設の建設予定地を視察するJAEAの担当者と業者ら=22日、楢葉南工業団地

 楢葉町の楢葉南工業団地に日本原子力研究開発機構(JAEA)が建設する東京電力福島第一原発の廃炉作業の研究開発拠点施設「モックアップ施設」に携わる研究者らは100人規模で、施設は平成27年3月に完成する見通しになった。22日にいわき市で開かれた同町臨時議会で松本幸英町長が示した。
 松本町長によると、研究者らは常駐と非常駐が各50人程度見込まれるとした。専門的な知識が必要なため地元からの直接的な雇用は厳しいとの認識を示す一方で「モックアップ施設だけでなく関連する国の研究機関や民間事業所などの進出が期待され(町内に出入りする)人の流れができる。飲食や資材など地元の商工業者にとって経済的な波及効果は大きい」などと語った。
 臨時議会では建設予定地の2区画合わせて約3万5880平方メートルの敷地と建物4棟を2億7952万円で取得するための議案を原案通り可決した。町は今後、建物を解体し敷地をさら地にした後、年明けを目標にJAEAに売却する方針。
 施設では原子炉格納容器の模型を活用し廃炉に向けた補修技術などを確立するための実証実験が行われる。研究施設のため放射性物質は扱わない。
 JAEAは4月に建設地選定のための地盤調査を終えた。22日には施設建設に向けた調査のためJAEAモックアップ試験施設課の担当者と業者が予定地を訪れ図面を基に建物の配置などを確認した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧