東日本大震災

  • Check

福島市が共同開発に着手 乳幼児向けホールボディーカウンター

 福島市が共同開発に着手 乳幼児向けホールボディーカウンター
 福島市は20日までに、市放射能アドバイザーを務める石井慶造東北大大学院工学研究科教授と共同で、ゼロ歳児から測定できる乳幼児向けのホールボディーカウンター(WBC)の開発に着手した。
 市の12月定例議会の一般質問で明らかにした。平成26年度中に試作品を完成させ、実用化を目指す。県内で一般的に導入されているWBCはおおむね身長80センチ以上が対象。乳幼児の測定にはベビーチェアなどが必要で、正確に測ることができない可能性がある。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧