東日本大震災

  • Check

塙に「ふれあい交番」開所

テープカットし開所を祝う関係者

 塙町常豊地区の防犯、交通各団体などが主体で運営する民間交番「常豊地区地域ふれあい交番」は21日、同町常世北野の常豊小敷地内に開所した。民間交番は棚倉署管内では初めてで、県内では11カ所目。
 同地区は約30年前に駐在所が廃止され、地域住民から「防犯拠点がなく心配」との声が上がっていた。町防犯協会常豊支部や棚倉地区交通安全協会八幡支部などが設置委員会を立ち上げ、地域住民から協賛金を募り設けた。
 開所式は同施設前で行われた。関係者約70人が出席し、荒川正康常豊地区区長会長があいさつ、菊池基文町長らが祝辞を述べた。関係者がテープカットし、くす玉を割って開所を祝った。
 施設は同地区の防犯、交通各団体が巡回の拠点として使用する他、棚倉署塙駐在所員が常豊小児童の登下校時に在所し、児童の安全を確保する。また下校の送迎時に児童や保護者の待ち合わせ場所として施設を開放する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧