東日本大震災

  • Check

プロと春季キャンプ 福島リトル選手を沖縄招待 内閣府

 内閣府は来年2月、県内のリトルリーグのチームを沖縄県に招待し、現地で春季キャンプを実施しているプロ野球チームとの交流事業を実施する。復興交流事業として初めて企画した。今回は福島市の福島リトルリーグの選手が参加する。亀岡偉民内閣府政務官兼復興政務官(衆院本県1区)が29日、明らかにした。
 日程は2月7日から9日までの3日間。福島リトルリーグの小学生20人が訪れ、キャンプを見学し、プロ野球選手と一緒に練習する機会も設けたいという。矢吹町出身の中畑清氏が監督を務める横浜DeNAベイスターズが現地での案内などを担当する予定。現地のチームとの試合も行う。
 来年以降も事業を継続し、平成27年には参加対象を本県の他、岩手、宮城の被災県に拡大する。亀岡氏は「復興支援策を続けていきたい」と語っている。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧