東日本大震災

  • Check

餅つきで交流 浪江町民と猪苗代有志 二本松

元気よく餅をつく浪江町民と猪苗代町民

 東京電力福島第一原発事故のため二本松市に避難している浪江町民の仮設住宅で30日、新年を楽しく迎えようと、餅つきや正月用の飾り餅配りなどが行われた。
 安達運動場仮設住宅(本田昇自治会長)では、猪苗代町の小川医院の今田かおる医師ら町民有志が餅つきとコンサートを催した。
 原発事故の発生直後、猪苗代町に浪江町民が多数避難した。当時のつながりが今も続いており、催しは今回が3回目となる。今田医師らがもち米105キロを用意した。
 猪苗代町民は同町の「おはやし会」の野矢恒明さんの三味線、渡部喜昭会長の「猪苗代もちつき歌」に合わせてついた。仮設住宅の浪江町民も1000本ぎねなどでつき、猪苗代町民が加わった。餅はつゆ、きな粉、ごま、あんこを用意し約250人の住民に振る舞った。
 コンサートにはシンガー・ソングライターの七宮史浩さん(福島市出身)、門馬よし彦さん(浪江町出身)がつくるユニット「涼風」が出演。復興を願って熱唱した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧