東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

作業員のミスが原因 第一原発「せき」からの漏水

 東京電力福島第一原発で12日に地上タンク群に設けた漏出防止用の「せき」から水が漏れた問題で、東電は作業員がコンクリートのつなぎ目を埋めていた止水材の樹脂を誤って剥がし、水が漏れた可能性が高いとみて調べている。
 東電によると、漏れたせき付近では、作業員が汚染水を貯蔵する地上タンクの増設などを行っている。
 漏れたのは雨水で、量は約50トン。東電は地面に染み込んだとみている。せき内で採取した水からは、放射性ストロンチウム90が1リットル当たり5・9ベクレル検出された。東電がせきから雨水を排出する際の基準はストロンチウム90で10ベクレル未満。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧