東日本大震災

  • Check

宝守る 文化財防火デー

火災が起きた想定で旧県尋常中学校本館に放水する消防署員

 「文化財防火デー」の26日、県内各地で貴重な文化財を災害から守るための訓練が行われた。
 郡山市の国指定重要文化財・旧県尋常中学校本館(安積歴史博物館)では、東日本大震災に伴う復旧工事後、初の訓練となった。
 地域住民や郡山消防署員ら約100人が参加した。敷地内の雑木林から出火し、建物に延焼した-との想定で初期消火や避難誘導、応急救護、文化財搬出の手順などを確認した。
 文化財防火デーは昭和24年1月26日、現存する世界最古の木造建築物である法隆寺(奈良県)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことを契機に制定された。今年で60回を迎えた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧