東日本大震災

「原発事故関連死」アーカイブ

  • Check

南相馬市側が請求棄却求める 不認定取り消し訴訟

 南相馬市の男性が、亡くなった母親に対する震災関連死の不認定処分を取り消すよう同市に求めた訴訟の第一回口頭弁論が28日、福島地裁であった。市側は請求棄却を求める答弁書を提出した。

 男性は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受けて母親をはじめ家族とともに、原発事故で避難区域となった同市小高区から同市原町区に避難した。男性は意見陳述で「母は震災の約1年後から帰宅できないことで精神的にめいり始めた。転々とした避難で体調を崩し、入退院を繰り返し、誤嚥(ごえん)性肺炎で亡くなった」と述べ、震災と原発事故との関連を強調した。

 原告側は診療録や医学書などを基に、震災、原発事故と死亡との因果関係を立証する方針。

カテゴリー:原発事故関連死

「原発事故関連死」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧