東日本大震災

「震災から3年」アーカイブ

  • Check

「福島の今」 【洋上風力発電】 再生エネ事業のシンボル 楢葉沖で運転開始

 経済産業省などは昨年11月、楢葉町の沖合約20キロに設置した「浮体式洋上風力発電所」の運転を開始した。本県が目指す再生可能エネルギー拠点のシンボル事業として位置付けている。

 「ふくしま未来」と名付けられた風車の出力は2千キロワット。直径約80メートルの羽根を回転させ、発電する。昨年12月1日から東北電力への送電を開始した。同月の発電量は64万2400キロワット時で、稼働率は94・9%だった。

 今秋には出力7千キロワットの風車2基を増設する。計1万6千キロワットの出力は浮体式としては世界最大規模で、一般家庭約1万4千世帯の電力を賄えるという。

カテゴリー:震災から3年

「震災から3年」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧