東日本大震災

「震災から3年」アーカイブ

  • Check

「福島の今」 【再生可能エネルギー】 全国4位、出力137万キロワット

県内で建設が進む太陽光発電施設。再生可能エネルギーの中核となっている

 平成25年10月末までに経済産業省の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に認定された県内の設備の合計出力は137万3255キロワット。都道府県別で4番目に多い。

 本県の設備別の認定出力は、10キロワット以上の太陽光発電施設が128万9421キロワットで再生可能エネルギー全体の約94%を占める。次いで、10キロワット未満の太陽光発電施設が4万5104キロワット、風力発電施設が1万6千キロワットと続いている。水力発電施設のうち、200キロワット以上千キロワット未満は990キロワット、千キロワット以上は1万3040キロワット。バイオマス発電施設は8700キロワットとなっている。

 認定設備の合計出力で最も多いのは、北海道の241万5247キロワット、次いで茨城県の156万8249キロワット、鹿児島県の139万2407キロワットとなっている。

カテゴリー:震災から3年

「震災から3年」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧