東日本大震災

「震災から3年」アーカイブ

  • Check

「福島の今」 【ホールボディーカウンター】 県内に48台配置

 県によると、内部被ばく検査に用いるWBCは現在、県内に48台配置されている。内訳は県保有9台、市町村など保有28台、民間保有11台となっている。

 民間のうち、平田村のひらた中央病院には通常のWBC1台と、身長130センチ以下の子どもの内部被ばくを測定するWBC「ベビースキャン」1台が設置されている。

カテゴリー:震災から3年

「震災から3年」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧