東日本大震災

「震災から3年」アーカイブ

  • Check

「福島の今」 【サテライト校】 8高校、391人在校

 原発事故に伴い、双葉郡と南相馬市、飯舘村の高校計8校は仮の校舎で学ぶ「サテライト校方式」を導入している。

 小高商は原町高、小高工は南相馬市サッカー場に建設した校舎で授業を行っている。相馬農飯舘校は福島明成高の敷地にある仮設校舎で学んでいる。双葉、富岡、双葉翔陽の3校はいわき市のいわき明星大にサテライト校を置いている。浪江は本宮高、浪江津島は安達高の敷地に校舎を建てた。双葉地区教育構想に基づきスポーツを強化する富岡の国際スポーツは福島市、猪苗代町、静岡県の分散設置が続いている。

 県教委によると、双葉郡の県立高5校の在籍者数は震災前の平成22年5月時点で計約1500人。震災後は平成25年11月1日現在で391人と震災前の3割以下まで落ち込んでいる。

カテゴリー:震災から3年

「震災から3年」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧