東日本大震災

「震災から3年」アーカイブ

  • Check

「福島の今」 【漁業再興】 全面再開見えず

 本県漁業の全面再開のめどは立っていない。原発事故から約3年が経過し、魚介類の放射性セシウム濃度は低下してきているが、現在でもごく一部の魚種について1キロ当たり100ベクレルを超える魚が残っているためだ。現在、国から出荷制限の指示が出ているのは、アイナメ、イシガレイ、クロダイ、スズキなど40魚種となっている。

 県は毎週、150検体程度を調査し、結果を公表している。昨年12月の検査で食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えたのは全体の1%ほど。原発事故の発生直後は、検体の50%以上が基準値超だったが、昨年5月以降は5%以下となった。

カテゴリー:震災から3年

「震災から3年」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧