東日本大震災

「震災から3年」アーカイブ

  • Check

「福島第一原発」 チェルノブイリ解体に着手できず 事故から30年

 原子炉が爆発で破損した旧ソ連のチェルノブイリ原発4号機は、コンクリートの「石棺」で覆われた。老朽化のため、現在はその上を巨大な構造物で覆う工事が進行中。事故から30年近くがたとうとしているが、施設の解体などはまだ先だ。

 事故の収束を阻むのが4号機に残された約200トンの核燃料だ。石棺内部は放射線量が極めて高いことから、人が長時間作業するのが難しい。このため、現時点では燃料の取り出しや処理の計画を立てるのが困難となっている。

カテゴリー:震災から3年

「震災から3年」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧