東日本大震災

  • Check

小泉政務官ら提言 いわきで日本JCフォーラム

メーンフォーラムで復興に向けて意見を交わす(左から)小泉、桜井、西本、山下の各氏

 日本青年会議所(JC)の「復興創造フォーラム2014」の最終日は9日、いわき市のいわき明星大で開かれ、東日本大震災、東京電力福島第一原発事故からの復興を考えるメーンフォーラムを開催したほか、地元の中学生と高校生が復興支援曲を披露した。
 メーンフォーラムは小泉進次郎復興政務官、国家基本問題研究所理事長の桜井よし子さん、6号国道沿いなどを桜並木で彩る活動をしているNPO法人ハッピーロードネット理事長の西本由美子さん(広野町)、日本JCの山下憲太郎副会頭がパネリストを務めた。小泉政務官は「福島第二原発を再稼働させない決断をすべき」、桜井さんは「福島県民の健康を政府が一生責任を持つ仕組みづくりが必要」、西本さんは「国直轄の双葉郡特区を認めてほしい」などと提言した。山下副会頭は「全国のJCネットワークを使い、復興に携わっていく」と述べた。
 フォーラムの締めくくりとして、日本JCの復興支援オリジナル曲「未来へつなぐメッセージ」を披露した。同市の磐城高、湯本一中の合唱部が歌い上げると、割れんばかりの拍手が響いた。磐城高合唱部の大平真子さん(二年)は「震災を通じて学んだことを糧として、これからの人生を強く歩んでいきたい」とあいさつした。
 フォーラムに先立ち、東日本大震災合同追悼式が行われ、鈴木和也日本JC会頭、森雅子少子化担当相(参院本県選挙区)、清水敏男市長、遠藤智広野町長らが犠牲者の冥福を祈って献花した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧