東日本大震災

「震災から3年」アーカイブ

  • Check

県内の子ども学力改善傾向 25年度県調査

 県教委は学力向上で、特に理数系の強化を最重要課題に挙げて取り組んでいる。今年1月に県教委が発表した県内の全ての小学5年生と中学2年生対象の「平成25年度県学力調査」の結果では、六教科のうち五教科で全国の平均正答率を上回った。昨年8月に文部科学省が公表した全国学力テストでは八教科のうち六教科で全国の平均正答率を下回っており、改善傾向が見られた。
 調査は県内の小学校465校の5年生1万6885人を対象に国語、算数、理科の三教科、中学校225校の2年生1万7563人を対象に国語、数学、英語の三教科で昨年11月11日から15日に実施された。
 県教委は算数の学力を上げるため、指導マニュアルを作成するなどし教師の指導力向上に努める方針。さらに4月から、算数・数学の教師の指導力向上策を強化するため、教師の模範となる教師「コアティーチャー」を各校に派遣し、学校の教師に直接、授業方法などを指導する。

カテゴリー:震災から3年

「震災から3年」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧