東日本大震災

  • Check

東北の名産品販売 花王本社で復興応援市

復興応援市で試食などを楽しむ社員ら

 東日本大震災の被災地を支援しようと、花王は12日、東京都中央区の同社本社で復興応援市を開いた。
 同社は、福島民報社が被災地の応援を目的に河北新報社、岩手日報社と取り組んでいる「スマイルとうほくプロジェクト」に特別協賛している。「震災をいつまでも忘れない」という思いを込め、昨年に続き企画した。
 水産加工品やカレーなど東北各地の名産品約30点を販売した。試食会もあり、大勢の社員でにぎわった。
 スマイルとうほくプロジェクトを紹介するパネル展示や、同プロジェクトの一環として11日に発行した特集紙面の配布もあり、社員は被災地の現状に理解を深めていた。
 同社は12日までに、本社玄関に縦4メートル、横6メートルのビッグバナー(懸垂幕)を掲示した。福島市の民報ビルなどに設置しているものと同じ懸垂幕で、福島わらじまつりやフラダンスなどが描かれている。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧