東日本大震災

  • Check

来月計画書案を提出 エゾアワビの試験操業でいわき市漁協

 5月からエゾアワビの試験操業を目指している、いわき市漁協は4月の県地域漁業復興協議会に計画書案を提出する。19日、いわき市の県水産会館で開いた同協議会で示した。
 市漁協によると、通常の漁期は5月から9月までで、出漁すれば、平成22年以来、4年ぶりとなる。
 計画書案は市漁協所属の組合員でつくる県鮑雲丹増殖協議会が作成する。3年ぶりとなるコウナゴ漁の試験操業を25日から28日の間に始めることも報告された。
 平成26年度も引き続き、同協議会と水産物検査体制等検討部会を毎月、開くことを決めた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧