東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

東電の新組織は「廃炉推進カンパニー」 原発メーカーの3人が執行役員に

 東京電力は25日、福島第一原発の廃炉・汚染水対策に専従するため、4月1日に社内分社で設立する新組織に、原発メーカーの三菱重工業、東芝、日立製作所グループから3人を招くと発表した。組織の名称は「福島第一廃炉推進カンパニー」とする。
 原発メーカーからの3人は鈴木成光三菱重工業エネルギー・環境ドメイン原子力事業部事業部長代理、高山拓治東芝原子力事業部事業部長付、有馬博日立製作所電力システム社原子力事業統括本部原子力事業統括センタ事業主管兼福島原子力発電所プロジェクト推進本部副本部長。各社の原子力部門の責任者クラスで、東電の執行役員に就く。
 東電は、高度な技術が必要となる廃炉工程に、メーカーの知見を生かす。
 廃炉推進カンパニーは、トラブルが相次ぐ汚染水問題への対応強化、廃炉作業に対する責任の明確化を図る。
 カンパニー内に運営総括部(福島)、プロジェクト計画部(東京)、福島第一原発(福島)の3組織を設け、計1200~1300人が廃炉作業に専従する。最高責任者には東電の増田尚宏特命役員原子力安全監視室副室長が就く。
 組織再編で昨年8月に社長直轄で社内に設置した「汚染水・タンク対策本部」はなくなる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧