東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

ALPS1系統停止 第一原発

 東京電力は27日、福島第一原発の汚染水から大半の放射性物質を取り除く多核種除去設備(ALPS)で汚染水処理をしていた2系統のうち、「A」と呼ばれる1系統のポンプの出口部分で採取した水が白く濁っていたため処理を停止したと発表した。同日、A系統で処理した後の水のベータ線を出す放射性物質濃度は1リットル当たり500ベクレルで東電は「通常の数値の範囲内で浄化はできている」としている。
 東電によると、ALPSでは汚染水処理の工程で「共沈タンク」というタンクに汚染水を貯蔵し、白い炭酸カルシウムを使ってストロンチウムなどの放射性物質を除去する。その後、水はフィルターを通過して炭酸カルシウムは取り除かれるが、27日のA系統のポンプ出口で採取した水には炭酸カルシウムが含まれていた。東電はフィルターの不具合の原因を調べている。
 27日午後7時現在、ALPSは3系統のうち「C」と呼ばれる1系統のみ運転を継続している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧