東日本大震災

  • Check

震災後初「お浜下り」 鹿島区の八竜神社

震災後初めて行われた八竜神社のお浜下り

 地域安全や五穀豊穣(ほうじょう)などを願う、南相馬市鹿島区の八竜神社の神事「お浜下り」は13日、同神社近くの烏崎海岸で行われた。毎年4月の恒例行事だったが、東日本大震災後は休止していた。復活した神事で、地域住民は復興を祈願した。
 烏崎行政区の役員、漁業関係者ら約25人が参加した。神社を出発したみこしが海岸に到着し、神事が始まった。烏中清区長が海に入り、海水をくんで神前にささげる潮垢離(しおごり)を行った後、関係者が玉串をささげた。
 烏中区長によると、同行政区は震災前約150世帯あったが、津波の被害などで現在は16世帯に減ったという。烏中区長は「心の復興が大切だ。1歩ずつ前に進んでいきたい」と語った。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧