東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

避難指示解除後、初めて集う 都路村で花見会

桜の下で懇親を深める田村市都路町の住民

 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が1日に解除された田村市都路町で26日、花見が催された。第一原発から半径20キロ圏にある地見城(じけんじょう)集落の有志が、住民の帰還につなげようと初めて企画した。
 集落の38世帯のうち、避難先から駆け付けた家族も含めて16世帯の約30人が参加した。集落の中心部にある集会所の座敷で開く予定だったが、快晴に恵まれたため、庭に会場を変更。満開を迎えた桜の下にシートやテーブルを出し、古里の風景を眺めながら懇親を深めた。
 1日の避難指示解除後、集落の住民が集う行事は初めてという。地見城集落を含む都路町9区の副区長で、開催を呼び掛けた根内昌美さん(62)は「震災前のように地域の雰囲気が和やかであれば、帰還を考える人も増えるはず。これからも隣近所がコミュニケーションを図る機会をつくりたい」と話している。
 今後は地域ぐるみでのクリーンアップ活動や神社の夏祭りなども計画している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧