東日本大震災

  • Check

屋内遊び場、新装オープン ペップキッズこおりやま

ハンギング・クライミングで遊ぶ子どもたち

 郡山市の子どもの屋内遊び場「ペップキッズこおりやま」は26日、リニューアルオープンした。同日、式典が行われ、関係者が完成を祝った。
 市から業務を受託するNPO法人郡山ペップ子育てネットワークの菊池信太郎理事長が「郡山、そして福島の子どもたちを日本一元気にしたい」と抱負を述べた。根本匠復興相(衆院本県2区)、品川萬里(まさと)郡山市長、大高善興ヨークベニマル社長があいさつした。高橋隆夫郡山市議会議長が祝辞を述べた。子どもたちを交えて関係者でくす玉を割り、リニューアルを祝った。
 遊具のある「アクティブスペース」を改装した。1歳6カ月以下の子どもが遊ぶ「ベビーゾーン」を2倍の広さの約72平方メートルにしたほか、三輪車でレースができる「サーキット」を屋外に移設した。
 壁にぶら下がって遊べる遊具「ハンギング・クライミング」を室内に設置した。総事業費は約3000万円で、ヨークベニマルとライフフーズが資金提供した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧