東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

万全な監視態勢を 第一原発地下水放出 浜通り首長安全を風評対策要望

 東京電力福島第一原発事故の汚染水対策として21日に始まった地下水バイパスの放出について、浜通りの首長からは、排出基準の順守や風評を招かないための対策などを求める声が相次いだ。
 いわき市の清水敏男市長は「第三者機関による監視を含め、しっかりと取り組んでもらいたい」と注文した。
 南相馬市の桜井勝延市長は「汚染水の増加防止のための対策としてはやむを得ないものと考えている」と理解を示した。
 広野町の遠藤智町長は「多核種除去設備(ALPS)のトラブルの原因を早急に解明し、万全な体制を構築することが必要だ」と指摘した。
 楢葉町の松本幸英町長は「安全に行い、風評につながらないよう万全を期してほしい」と求めた。
 富岡町の宮本皓一町長は「廃炉に向け一歩前進した。透明性を持って放射性物質濃度を測定することが大切だ」と語った。
 双葉町の伊沢史朗町長は「町民の不安払拭(ふっしょく)に努め、安全最優先で作業に当たってもらいたい」と述べた。
 浪江町の馬場有町長は「復興のシンボルとなる請戸漁港の復旧工事が始まり、これからという時。動向を注視していく」とした。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧