東日本大震災

  • Check

May J.さんとレコーディング 本県の児童生徒、JCソングで

歌手のMay J.さん(手前右)と多胡さん(同左)と一緒にレコーディングに参加した本県の児童生徒

 映画「アナと雪の女王」の主題歌を歌う歌手のMay J.さんと、いわき市の湯本一中など本県の児童生徒が、日本青年会議所(JC)の復興支援オリジナル曲「未来へつなぐメッセージ」のレコーディングを行い、楽曲が完成した。6月1日からインターネットで無料配信される。May J.さんは「私の全てのパワーを込めて歌った」とコメント。参加した生徒は「頑張っている福島の思いを歌に乗せて発信したい」と配信を楽しみにしている。
 曲は音楽プロデューサーの多胡邦夫さんが作詞・作曲した。レコーディングは多胡さんのスタジオがある群馬県高崎市で11日に行われた。May J.さんと多胡さん、いわき市の湯本一中合唱部員約20人、FCT郡山少年少女合唱団の小学生と中高校生約20人が参加した。東京農大第二高吹奏楽部(群馬県高崎市)の演奏を加えて楽曲を仕上げた。
 レコーディングでMay J.さんは参加した生徒一人一人と笑顔で握手をし、「頑張ろうね」と声を掛けたという。
 湯本一中合唱部長の須田真央(まひろ)さん(3年)は「震災でつらいこともあったが、今は一歩一歩前に向かって歩いているという思いを歌に込めることができた」と満足そうに語った。FCT郡山少年少女合唱団の伊藤希恵団長(湖南高3年)も「本県が元気になるように願ってレコーディングした」と話した。
 May J.さんは「明るい未来に向かって被災地の方々の背中を押してあげられるような曲。明日への生きていく希望を歌を通じて届けられたらと思っています」とコメントした。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧