東日本大震災

  • Check

いいざか乙和会がさくらんぼ交流 観光関係者らが復興へ心一つに

旬のサクランボを味わう畠会長(右)と小林市長(右から2人目)ら関係者

 福島市飯坂温泉の旅館おかみらでつくる「いいざか乙和会」のさくらんぼ交流会は17日、同市飯坂町の安斎忠作果樹園で開かれ、地元産の果物のおいしさと安全をPRした。
 会員と旅行代理店、各種団体の関係者ら約70人が参加した。畠ひで子会長(穴原温泉・吉川屋)が「来年のふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)に向けて飯坂の魅力を発信し、観光を盛り上げていきたい」とあいさつ。小林香福島市長が祝辞を述べた。狩野安則JR東日本福島駅長の発声で乾杯した。参加者は赤く実ったサクランボを摘み、旬の味を楽しんだ。おかみらによる手作りの昼食を囲み、親睦を深めた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧