東日本大震災

  • Check

水土里ネット、太陽光発電稼働 福島

県土地改良会館の屋上に設置された太陽光発電設備

 水土里(みどり)ネット福島(福島県土地改良事業団体連合会)が福島市の県土地改良会館の屋上に設置した太陽光発電施設の開所式は20日、同会館で行われた。
 関係者約50人が出席した。車田次夫連合会長があいさつし、発電状況を常時表示するモニターのスイッチを入れた。発電設備は、土地改良区の独自財源確保のモデル事業。総工費1011万円で太陽光発電パネル120枚を設置した。発電出力は30キロワットで年間発電量は約2万5千キロワット時。発電した電気の全量を東北電力に売電し、年間90万円の収入を見込んでいる。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧