東日本大震災

  • Check

福島・国際研究産業都市構想を認定 解除区域12市町村の再生計画改定で

 東京電力福島第一原発事故に伴い避難区域が設定された福島県内12市町村の復旧・復興を進めるための「避難解除等区域復興再生計画」に、浜通りにロボットの研究開発拠点を整備する「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」が盛り込まれた。安倍晋三首相が20日、計画改定を決定した。
 計画は、政府が昨年12月に閣議決定した「復興指針」などを踏まえて改定された。県はイノベーション・コースト構想を浜通り復興の核と位置付けている。
 一方、改定計画に、県が求めていた住宅近隣以外の森林除染のロードマップや、JR常磐線の復旧費に対する国の財政支援などは盛り込まれなかった。
 改定計画に対し、佐藤雄平知事は「(イノベーション)構想が計画に位置付けられるなど、避難地域の復興・再生の上で前進があった」と評価した一方、「十分な財源確保や県、市町村の意向を踏まえた施策が計画に盛り込まれるよう引き続き取り組んでいく」とコメントした。
 計画は昨年3月に策定された。佐藤知事は先月、福島復興再生特別措置法に基づき、安倍首相に計画の改定を申し出た。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧