東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

ALPS全面再開 第一原発、3カ月ぶり3系統同時運転

 東京電力は22日、福島第一原発で汚染水から大半の放射性物質を取り除く多核種除去設備(ALPS)の3系統のうち、唯一停止していたC系統の運転を再開したと発表した。全系統の同時運転は約3カ月ぶり。
 東電によると、C系統は当初19日に運転再開する予定だったが、吸着塔でさびによる腐食が見つかったため再開を延期していた。東電は、さびの原因となる活性炭が放つイオンを集めるため、吸着塔の接合部約40カ所に「犠牲陽極」と呼ばれる電極を設置する腐食対策を施した。
 既に運転を再開しているA、B両系統も早ければ来月にも同様の腐食対策を施すため、順次停止する予定。
 ALPSは2月に初めて3系統同時運転を開始した。しかし、3月18日以降、汚染水中の炭酸塩を取り除くフィルターで不具合が発生し、3系統が相次いで停止していた。改良型フィルターに交換する作業を進め、5月にB系統、今月9日にA系統で運転を再開した。
 ALPSは汚染水からトリチウム以外の62種類の放射性物質を取り除く設備で、現在は試運転の状態だ。故障などトラブルが続き、東電が目指す本格稼働のめどは立っていない。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧