東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

くみ上げ停止の井戸の水 初の海洋放出 第一原発

 東京電力は26日、福島第一原発の地下水バイパス計画で、放射性トリチウムが排出基準(1リットル当たり1500ベクレル)を上回り、くみ上げを一時停止していた井戸の水を初めて海に放出した。排出量は1829トン。海洋放出は7回目。
 東電によると、8日から14日まで専用井戸でくみ上げ、一時貯留タンクに集めた水を東電と第三者機関の日本分析センターが分析した。トリチウムは1リットル当たり160~170ベクレル、放射性セシウムと全ベータは検出下限値未満でいずれも排出基準を下回った。
 くみ上げを再開した井戸からは26日現在、最高で同2100ベクレルのトリチウムが検出されている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧