東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

第一原発タンク10万トン分増設 汚染水対策で東電 93万トン分確保へ

 東京電力は14日、福島第一原発で汚染水を貯蔵するタンクを新たに約10万トン増設し、平成26年度内に約93万トン分を確保する増設計画をまとめた。東電が同日、Jヴィレッジで開かれた廃炉・汚染水対策現地調整会議で示した。
 会議では、汚染水処理をめぐって、地下水バイパス計画や凍土遮水壁設置など原子炉建屋への地下水流入を抑制する対策の不確実性や、タンク建設の遅れなどが指摘された。東電は、原発敷地内に設置スペースを確保した上で、タンクを増設するよう求められていた。
 これを受け、敷地内の体育館や大型資機材仮置き場、駐車場などを撤去、廃止し、4カ所に新たなタンクの設置場所を確保した。
 東電はこれまで、26年度中に83万トン分のタンクを確保するとしていた。今回、タンク増設を決めたが、設置完了目標は変更しなかった。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧