東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

排水路の変更、今月工事完了

 東京電力福島第一原発敷地内で、汚染水の海洋流出を防ぐために排水路の排出先を港湾内に変更する工事は、7月中に完了する見通しとなった。17日に行われた県廃炉安全監視協議会の現地調査で、東電が明らかにした。専門委員らが港湾内に流れ込むよう新設された排水路を確認した。工事は9割を終え、一部で通水試験を行っている。
 現地調査には放射線防護などの専門家で構成する専門委員や県、関係市町の担当者ら約20人が参加した。
 東電が進めている排水路工事は【図】の通り。排水路は現在、敷地内の2つの排水路が合流した後に外洋(港湾外)につながっている。昨年、タンクからの汚染水漏えいが判明した際には一部が外洋に流出。東電は排水先をシルトフェンスが張られた港湾内に変更する計画を発表した。工事は平成25年度内に終える予定だったが、地盤改良などの影響でずれ込んでいた。
 新たな排水路には汚染水流入の有無を監視するため、放射性物質を測定するモニターを設置した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧