東日本大震災

  • Check

芸術文化の楽しさを 白河で子どもたちに「カルチャースクール教室」

絵画・造形教室で紙粘土に色付けする参加者

 白河市内の子どもに芸術文化に触れる機会を提供する「わ~くわく!キッズ☆カルチャースクール教室」は20日、市内のマイタウン白河などで始まった。
 東京電力福島第一原発事故の影響で、屋外で遊ぶ機会が減った子どもたちに文化や芸術に触れ合ってもらい、理解を深めるのが目的で、市文化団体連合会、市教委、カルチャーネットワークの主催。音楽、美術、囲碁、華道など14教室が設けられ、幼児から高校生まで幅広い年代が参加している。講師は各団体の会員らが務めた。
 このうち「絵画・造形教室」には親子9組が参加し、絵の具で色付けした紙粘土を使ってモザイク風額縁の制作を行った。
 8月10日までの日曜日、計4回開かれる。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧